LINEで送る
Pocket

自分の顔の形、一言で言うと何型でしょう?
自分のことは自分が一番理解していると思って、自己流でメイクをされている方が多いと思いますが顔の形に合わせて美しく見せるというのも、メイクの技ですよね。
でも、他人から「丸顔だね」と言われたり、「卵型でうらやましい」と言われたり、客観的な意見すらも人によって判断が違う時があります。
もしかしたら自分が思っていた顔型は間違いだったという可能性も…。

そこで今回は、顔型診断の方法と結果、それぞれの顔の形に合うメイクをご紹介。
自分の顔の形がわからないと言う方は必見です。

自分の顔の形がわからない方へ 正しい形を知るとどうなる?

正しい顔型を知ることで、メイクはもちろんヘアースタイル・ファッション・小物にも似合うものを取り入れると、ワンランク上の自分になれるかもしれませんよ。
実は似合う形の帽子や髪型、映えるメイクなど、自分の顔の形によってもっとおしゃれを楽しめるようになるかも。

 

オススメ!顔型診断の方法


自分の顔の形はどんな形か、鏡の前で悩んでもなかなか答えが出ないものです。
顔の輪郭を目で追っているだけだと、どうしても一つに当てはまらなくなってしまいますよね。
顔の形を判断するには顔型診断で長さや比率から測定する方法がオススメです。

長さは縦と横の2か所だけ計測します。
縦は眉毛の位置から口まで、横は口の位置を中心とした両頬までの幅になります。

鏡に映った自分に定規を当ててみたり、スマホなどで一旦自分の顔を写真に撮ってから測ってみると診断しやすいと思います。

顔型は大きく分けて5種類

顔型は大きく分けて「卵型顔・丸型顔・四角形顔・逆三角形顔・面長顔」の5種類に分けられます。
それでは顔型診断の方法をご紹介しましょう。

■卵型顔の特徴

卵型の顔は縦と横の長さが同じ1:1の比率になります。
とてもバランスが良く、卵型が顔型の標準とされています。理想の輪郭ですね。

特徴はまさしく卵のような丸みのあるフェイスラインで、あごやおでこも丸みを帯び優しい印象を持ちながら、立体的な顔立ちに見えます。スッキリとした印象の美人顔ですね。

【卵型顔の似合うメイク】

卵型顔、高嶺の花のような手の届かない女性に見られがちです。
優しい印象をプラスし、親近感のある可愛らしい印象を目指しましょう。

まず眉、眉頭から眉尻と全体にかけて太めにラインを描きましょう。
最後はほんの少し上気味に描きます。
太めのラインにすることで、優しいイメージを加えることができます。


アイメイク、アイシャドウは原色の濃いカラーよりも、淡いパステルカラーやグレーが素敵です。
若干パールが入っているものはさらに顔立ちを華やかに演出します。

リップはグロスを真ん中に乗せることで立体感が出ます。
ベースの色は落ち着いたトーンのピンク、あるいはオレンジ系がいいと思います。
チークは鎖骨からこめかみにかけて、ほんのり入れるといいと思います。
上品なイメージが出そうなベージュ系がいいと思います。

必要に応じてハイライトを入れたり、グロスを華やかな色にしてパーティ仕様にしたりすることもできます。

▼丸顔のモデルさんならではのシェーディング&ハイライトの入れ方は必見!メイク方法はこちら

「卵型顔」の特徴と似合うメイク

 

キリリ眉とあざやかリップでつくるハンサムエレガントメイク~完全版~

■丸型顔の特徴

丸型顔は縦の長さが2に対し横が3になる、2:3の比率になります。横が少しだけ広い程度ですね。
丸型顔は頬がふっくらとして見える分、可愛らしい印象です。
年齢よりも若く見られることが多いのも丸型顔の特徴です。
ふんわりと優しいイメージで親しみやすい顔ですね。

【丸型顔に似合うメイク】

オレンジやピンクといった明るいトーンのチークを顔の両サイドにほんのり入れることでしっかりした顔立ちになります。
落ち着いたカラーが好みの方は、ほんのりパールの入ったブラウンがいいと思います。
凹凸をつけることで顔全体に立体感や陰影が出て、幼さの中に大人の女性らしさをアピールできると思います。


そして眉メイク、眉頭をしっかりと書き、眉尻は下がらないようにほんのり上げるようにアイブロウを描きましょう。
眉の存在感をアピールすることで顔全体が引き締まり、眉尻をきゅっと上げることでシャープな印象になります。

アイメイクはグレー、ブルー、ブラウンといったクールなカラーがおすすめです。
瞼を閉じ、三角形をイメージし、さらにトップになるにつれてぼかしていくようにしましょう。

もともと女性らしい柔らかい印象を持たれる丸型顔、いかにシャープに見せるかと、顔全体に立体感を持たせるかがポイントではないかと思います。

▼チークで立体感を。なりたい印象別に解説したチークメイクはこちら

「丸型顔」の特徴と似合うメイク

 

【プロが教える】なりたい印象別!チークメイク3パターン

■四角形顔の特徴

四角形顔の場合は縦の長さ1に対し横が2になる、1:2の比率になります。
ベース型とも呼ばれる四角形型は横の長さが縦の倍ほどあります。
エラが張っている方も多く、小さめなあごで平坦な顔に見られてしまいがちです。
男性的な印象の顔型ではありますが、おおらかで温かみのある顔立ちと言えます。

【四角形顔に似合うメイク】

四角形顔に似合うメイク、顔の余白を埋めるためにそれぞれのパーツを強調することと、エラの部分をローライトでなくし、ハイライトで顔全体に立体感を持たせることが鍵となります。
まずベースメイクはシンプルに肌色に合うものを選びましょう。
次にローライトでエラの部分をカバーし、鼻筋にハイライトを入れて立体感を出します。
眉は細いとシャープな印象になってしまうので、実際よりも太く描いた方がいいと思います。
眉頭と眉尻も強調するようにしましょう。

アイシャドウは立体感を出せるよう、逆三角形としたときにトップになるにつれて色がぼやけるようにするといいです。
ブラウンやグレーがいいと思います。
アイラインは少し長めに引きましょう。

チークはエラのあたりから楕円形に描き、最後に手でうすくのばしましょう。
リップはほんのり上がり気味に描くといいです。

自分の顔に合うメイクを研究し、四角形顔の可愛さを見つけましょう。

「四角形顔」の特徴と似合うメイク

▼ブラウン・グレーをアイシャドウに使ったクールメイク方法はこちら

【プロが教える】大人かっこいいクールメイク〜ポイントメイク〜

■逆三角形顔の特徴

逆三角形の顔は縦の長さ3に対し横が2になる、3:2の比率になります。
丸顔とは逆になり、面長とは同じ比率になります。
あごのラインがシャープで、ハチ周り(ハチマキを巻く位置)がやや広めなのが特徴です。
頬は丸みがありますが、頬骨が張っている人も多いかもしれません。
シュッとした顔立ちはクールで、知的な頼れる印象が持てます。

【逆三角形顔に似合うメイク】

逆三角形顔の人はあごの部分がシャープなフェイスラインとなり、顔の横幅がその分大きめに見えます。
そして、頭の上部のハチまわりがはっているイメージです。
逆三角形顔の女性はトップの部分のみだと女性らしい柔らかい印象を持ちますし、ダウンの部分のみだとクールで落ち着いた印象を持たれます。
もしも女性らしい柔らかいメイクを目指すのであれば、ダウンの部分がポイントとなります。

まず頬の横側からあごにかけて、オレンジやピンク系の明るいチークで柔らかい印象を演出しましょう。
塗りすぎるとシャープさが際立ってしまうので気を付けましょう。
そして頭の上部のハチまわり、こちらも同じようにオレンジ、あるいはブラウンのチークやハイライトを用いて柔らかい印象を作りましょう。
いかにフェイスラインや頭の上部のハチまわりのシャープな部分を柔らかく見せるかが鍵となります。


時にシャープな印象を生かしたいときは、ナチュラルなメイクをした上でアイメイクはブルーにパールが入ったものや、グレーにパールが入ったものを選ぶといいでしょう。
眉尻はきゅっと上がるように書きましょう。

逆三角形顔のメイクはどのタイプにも変身できるので楽しんでください。

「逆三角形顔」の特徴と似合うメイク

 

▼女性らしい柔らかい雰囲気を作る メイク方法はこちら

【プロが教える】儚げでナチュラル 色素薄い系メイク〜フルメイク〜

■面長顔の特徴

面長顔は逆三角形と同じで、縦の長さ3に対し横が2になる、3:2の比率になります。
縦の長さがある分横幅が狭く、目と目の間隔が狭めな人が多いと言えます。
頬にあまり丸みがなく、細いあごがシャープな印象です。
面長顔は日本人には一番多く、馴染みやすい顔立ちで大人っぽく謙虚なイメージの顔立ちですね。

【面長顔に似合うメイク】

面長顔の人は頬の部分など顔の余白が鍵となります。
顔それぞれのパーツを上手に強調させることでそれを柔らかくカバーし、フェイスラインはハイライトとシェーディングを上手に使って丸みを持たせましょう。

まずベースメイク、自分の肌の色に合ったものを選びます。
そして、眉は眉頭と眉尻をしっかり描きましょう。
存在感を出すことで、顔の余白をカバーします。

アイメイクは目尻を強調することで、縦の長さをカバーしましょう。
アイラインはブラックやブラウンなど、濃いペンシルタイプのものが便利だと思います。

チークは縦長ではなく、横長に入れることで縦の長さをカバーしましょう。
リップは自分に似合う色合いのものを少し強めに塗るといいと思います。

シェーディングとハイライトは額とあごに必要に応じてプラスしましょう。
丸みを帯びた印象を持たせるように工夫してください。

顔のパーツをそれぞれ強調し、フェイスラインにカラーを入れることで丸みを帯びた印象に変身できます。

「面長顔」の特徴と似合うメイク

 

▼ハイライトとローライトが鍵。大人っぽいスモーキーメイク方法はこちら

【プロが教える】モダンで大人っぽいスモーキーメイク〜フルメイク〜

 

まとめ:自分の顔の形を知っていると

顔のパーツのうち2箇所の長さを測ることで、5タイプから自分の顔の形が分かる顔型診断。いかがでしたか?
ピッタリと比率が当てはまらずに2:2.5だったりと、どっちつかずになってしまった場合は、両方の特徴と比較して、自分に合う形を参考にしてみてください。

自分の顔の形が分かると、引き立たせるパーツと隠したいパーツがハッキリして、メイクも迷わずに決め顔を見つけられますね。
似合わないと思っていたものが実は似合ったり、新しいメイクやアクセサリーにチャレンジするのが楽しくなりそうです。
顔型診断で自分の顔の形を判定したら、ぜひ新しいメイクにも手を伸ばしてみてくださいね。

 

LINEで送る
Pocket