LINEで送る
Pocket

スキンケアアイテムの中でも油分を補い、さらに水分の蒸発を防ぐ役割の乳液とクリーム。
両方使いが正しいのか、片方だけでいいのか。悩んだことはありませんか?
そんなお悩みにお答えします。乳液とクリームそれぞれの違いや特徴から、肌質別のアイテム選びまで徹底解説。
これでスキンケアアイテム選びのお悩みや疑問をスッキリ解決しましょう。

洗顔後のスキンケアは化粧水と乳液が基本になりますが、必要に応じて美容液やアイクリーム、保湿クリームをプラスして使っている方は多いと思います。
たくさんのスキンケア化粧品を使って肌をケアすることも大事ですが、季節や自分の肌の状態をきちんと見極め肌に必要な成分を補うことも大切です。

スキンケア化粧品の中で使う目的が似ている乳液とクリームは、違いを見極めて上手に使うと潤いのあるキレイな肌を維持することができます。
この記事では乳液とクリームの違いや使い方を詳しく説明していきます。

乳液とクリームってどう違うの?

乳液とクリームは「化粧水で肌に与えた水分が蒸発しないように蓋をする役目」があります。水分は与えただけではすぐに蒸発し保湿効果が失われてしまします。化粧水で肌に水分を補給した後は油分の入った乳液やクリームで水分を逃がさないように蓋をする必要があります。

乳液とクリームは使う目的や役割は同じですが、含まれる水分や油分の量に違いがあります
乳液は水分が多くクリームは油分が多いので、乳液はサッパリ、クリームはこってりと肌に残るように感じると思います。

化粧水の特徴

化粧水の役割は、水分をお肌に与えることです。 洗顔やクレンジングによって汚れや皮脂を取り除いたお肌は、そのままだととてもデリケート。
乾燥しないように化粧水で保湿をしてあげましょう。とにかくたっぷりと、お肌に手が吸い付くくらい惜しみなく使えるといいですね。

乳液の特徴

乳液は『柔軟作用』といって肌を柔らかくする働きを持ちます。クリームよりも水分の割合が多く、油分とのバランスもいいので保湿と同時に肌を柔らかくしてくれます。
滑らかで肌なじみのよいテクスチャも特徴です。さらりとつけられるので、ベタつくのが苦手な人、皮脂の分泌が多い人やテカリが気になる人にはクリームより乳液の方が向いているでしょう。

クリームの特徴

クリームは、化粧水で肌に入れた水分に蓋をするラップのような働きをするアイテムです。乳液より油分が多く配合されているので、クリームの方が潤いが長時間保てるのが特徴です。

保湿力が高いのはどっち?

保湿効果だけを考えると油分が多いクリームの方が乳液よりも効果は高いです。
乳液とクリームは、生理前後の皮脂バランスの乱れを感じたら乳液、乾燥が気になるならクリームでしっかり保湿、といったように使い分けるのもオススメです。

化粧水・乳液などでスキンケアした後は、ティシュを1枚広げて軽く顔に当てて水分を取り除きます。
スキンケアでベタベタした状態でベースメイクをするとムラになってしまいます。
こってりとしたクリームをつけた後はファンデーションがノリにくいので、一度テッシュでオフをしてからメイクをするようにしてください。

乳液とクリームは両方使うべき?

乳液とクリームは両方使った方が良いと思われていますが必ずしもそうではありません。
季節や気候に合わせて使い分けるのがオススメです。

■夏

汗をかきやすい夏はTゾーンがテカリやすいのでクリームを顔全体に塗るとテカテカとした印象を与えメイクも崩れやすくなります。過度な乾燥肌でなければ乳液だけで十分です。

■冬

冬は夏に比べて肌が乾燥しやすい季節です。
乳液は使わずにクリームを使うか乳液を使った後に乾燥が気になる場所のみにクリームを使う方法がオススメです。
乳液とクリームをどちらも顔全体に使うと肌がこってりした感覚やべたつきが残ってしまします。

30代までの普通肌の方であれば冬でも乳液だけの使用で十分ですが、加齢と共に肌が乾燥しやすい40代以上の方は乳液よりもクリームを使うと保湿効果があります。
しかし、肌の状態は人それぞれ違いますので乾燥肌、オイリー肌、混合肌と自分の肌の状態でに合わせて保湿方法や使う乳液、クリームを使い分けましょう

肌質別!乳液とクリームの使い方

肌質別に使い方を紹介します。

■オイリー肌

オイリー肌の方でも乳液は必ず使いましょう
10〜20代まではサッパリタイプや油分の少ないもの保湿効果が低めの乳液でも大丈夫ですが、30代を過ぎたら保湿効果の高い乳液を選ぶようにしましょう。
こってり感やべたつきが気になる場合は乳液に化粧水を少し混ぜて使ったり、テッシュで優しくオフしたりしてべたつきをおさえてください。

■オススメ商品
バイタルエナジー モイストミルク
バイタルエナジー モイストミルク
税込2,700円 保湿乳液

しなやかなハリを与え、ふっくらとした肌へ。

 


1回あたりのスキンケアで使う乳液の適量は、10円硬貨大と言われています。手のひらに出してから、頬や口元などに少量ずつ付けて伸ばしていきます。

 

■混合肌

べたつきと乾燥を繰り返す混合は肌は、一番スキンケア商品を選ぶのが難しい肌質です。
夏はサッパリした乳液、冬はしっとりの乳液を使い乾燥が気になる部分にはクリームを使うなど一年の中で使う乳液・クリームの種類を変える必要があります。
オイリー肌同様にべたつき気になる場合はテッシュで優しくオフしましょう。

■オススメ商品
バイタルエナジー ホワイトニングミルクCプラス
バイタルエナジー ホワイトニングミルクCプラス
税込3,024円 薬用美白乳液

美白※エイジングケアミルク。潤いに満ちた肌を保つ。
※美白とは「メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ」ことです。

■乾燥肌

乾燥肌の方は化粧水だけでなくセラミドが配合されている保湿効果の高い美容液を使うことも大切です。
そして、その化粧水と美容液を乳液で蓋をし、最後に保湿力の高いクリームを使うと潤いをキープしてくれます。
乾燥肌を改善するには肌の水分と油分のバランスを整える必要がありますので、水分量だけを増やしても乾燥肌は改善することはできません。

■オススメ商品
バイタルエナジー モイストクリーム
バイタルエナジー モイストクリーム
税込2,700円 保湿クリーム

肌なじみが良く、ハリとツヤを与える高保湿クリーム。


1回あたりのクリームの適量は、パール粒1、2個程度。部分使いや全顔使いなど、範囲に応じて量を調節します。スパチュラなどですくうと衛生的です。

 

いかがでしたか。
どちらも使う目的は同じになり、化粧水で肌に与えた水分が蒸発しないように蓋をする役目があります。
自分の肌の状態を見極め乳液をクリームに変えたり、部分的にクリームを使ったりと肌に合わせて乳液とクリームをうまく使い分けて行きましょう。

 

まとめ:肌質、季節ごとの使い分けを。

乳液とクリームは、必ずしも両方使った方がいいというわけではなく、季節や気候、肌質に併せて使い分けていくことをおすすめしました。
まず肌質や年齢は問わず乳液で油分バランスを補うこと。その上で乾燥が気になる部分などにはクリーム使いを。
夏・冬で使用するアイテムを変えるのも効果的です。

自分の肌にあったアイテムの組み合わせを、ぜひ探してみてくださいね。

LINEで送る
Pocket