LINEで送る
Pocket


女性らしい美しくスラッと長い爪に憧れて伸ばしてみたものの、色を乗せてみたら何だかイマイチ…そんな経験ありませんか!?

今回は、流行のナチュラルネイルにピッタリの理想的な長さと人気がある5種類の爪の形について紹介したいと思います。

理想的な爪の長さは?


爪が美しく見える理想的な長さは、先端の白い部分が爪全体の1/3~1/4くらいになっている状態です。
指の腹側から見た時に2~3mm見える長さが、日常生活を送る上でじゃまにならず、なおかつ爪の強度を保ちつつ美しい印象を与えるベストな長さなのです。

5種類の基本的な爪の形

次に、基本の爪の形・5種類を紹介します。

■ラウンド

サイドがストレート、先端がやや丸みを帯びたナチュラルな形です。
優しく自然な印象なので誰にでも似合いやすく、どんなネイルアートにも合うまさにオールマイティーな形の爪だと言えるでしょう。
爪が小さい人平たい人はこの形にすると優雅で上品なイメージになるのでオススメですよ。

普段短めに爪を切りそろえている人や、ジェルネイルをする際にあまり長さを出したくない方にオススメです。

ラウンド型の整え方

爪の先端をカーブさせ、一方サイドはストレートにすることを意識して作ります。
爪やすりなどを使って指先のカーブとほぼ同じような形で、爪の先のカーブを整えます。

■オーバル

ラウンドの角を更に削って丸くした形です。先端だけではなく側面も丸みを持たせて削るため少し縦長に見え、卵のような形になります。
長さを出していると欠けやすくなりオーバルよりは強度が落ちますが、上品で女性らしいイメージの形で、指を長く見せてくれる効果もあります。

 

オーバル型の整え方

理想的な爪の長さは先述の通りですが、ラウンド型に整えた時よりも5mmほど長くのばしておいた方が、オーバル型に整えやすいです。
先端(エッジ)のカーブの整え方はラウンドの時と同様ですが、サイドも爪やすりで整える必要があります。
あまりサイドを削ってしまうと、角度がついて爪の先がシャープになってしまうので要注意。

■ポイント

オーバルの角を更に削って、爪の先を細くした形です。強度は弱いですが、普段とは違った雰囲気にしたい時にはオススメです。

ポイント型の整え方

オーバルよりもさらに先端を細くすることを意識し、やすりで削っていきます。
削りすぎると、先端のカーブがなくなりとがってしまうので注意しましょう。

■スクエア

角がある四角い形です。
丈夫で割れにくい反面、角が尖っているので引っかかりやすいのが欠点だと言えるでしょう。

スクエア型の整え方

まずは自爪をキレイに伸ばしておきます。
そして爪やすりの面に対し爪の先端を垂直にあて、指を真上から見ると四角く(=スクエアに)見えるように削りましょう。

■スクエアオフ

スクエアの角を少し丸くした形です。
丸くすることで角が欠けにくくなるのでスクエアより更に割れにくく、引っかかりにくいので人気。
衝撃にも強いので、爪を伸ばしたい場合はこの形にすると良いでしょう。

スクエアオフ型の整え方

まずは、先述の通り爪の形をスクエアに整えます。
さらにそこから、爪の先端の2つの角に丸みをつけるとスクエアオフの形になります。

爪の形は雰囲気や好みに合わせて選んで良いですが、初心者や爪の弱い人はラウンドやスクエアオフがオススメですよ。

 

 

指を細く長く見せるコツ


爪を伸ばして指を細く長く見せたい!と思っても、仕事の関係で爪を伸ばせない人もいますよね。
そんな場合は肌なじみの良いヌーディカラーのネイルを塗って、指と一体感を持たせるだけで指がほっそりとキレイに見えます。

また、斜めフレンチネイルネイルアートで斜めにラメやストーンを並べることで、指先がスラリとした印象になりますよ。

 

まとめ 爪の形を変えてオシャレを楽しむ

ついつい同じような爪の形ばかりしてしまう人も、たまには違う形を試してガラッと印象を変えてみてはいかがでしょうか?
理想的な長さとネイルアートやカラーに合わせた爪の形で、多彩な指先のオシャレを楽しんでみてくださいね!

LINEで送る
Pocket