LINEで送る
Pocket

「いつもと同じメイクばかりでつまらない」「ちょっと変わったメイクを試したい」
そんな方は、洋服の色に合わせてメイクを変えてみるのはいかがですか?
実は服の色によって顔色の見え方や似合う色も様々。同系色でまとめたワントーンメイクが似合う服もあれば、トゥーマッチになってしまう組み合わせもあります。オシャレを楽しむなら服とメイク、その全体のバランスも重要ですね。
今日着ようと思っている服に合うメイクは…?という方は必見。
今回は服の色とメイクの組み合わせ方法についてご紹介します。

黒い服に合うメイクの色とは?

モノトーンや、黒い色の服には、シルバー・ゴールドなどのはっきりした色がよく合います。アイシャドウで取り入れやすい色ですので、ぜひ黒い服を着るときにはアイシャドウにキラキラ系のものを使ってみましょう。

また、ボルドーや深い赤など彩度の高い色もよく似合いますので、リップカラーで取り入れるのもオススメです。

グレーの服に合うメイクの色とは?

グレーの服は何にでも合わせやすくて使いやすいですね。黒や赤ほど強くなく、着ると上品で柔らかく明るい雰囲気になります。
しかし実は、顔色がくすんで見えてしまうことも。
柔らかい雰囲気のピンクローズなどで顔色を明るくするとバランスがよくなりますよ。
特に明るくソフトな色をメイクで使うと、全体に統一感が出ます。
肌色に近いベージュやパステルカラーがよく合うので、リップをベージュ系の色にしたり、アイシャドウやチークにパステルカラーを取り入れてみてはいかがでしょうか?


ベージュリップにふんわりチークで好印象に。おすすめメイクはこちら▼

【プロが教える】爽やか好印象!美人OLメイク〜フルメイク〜

ピンク・ネイビーの服に合うメイクの色とは?

ピンクやネイビーの服には、ソフトで柔らかな色合いのメイクがよく似合います。
同じ色の系統でも明度の低い濃い色を使用するとメイクだけ浮いてしまいがちです。
リップは濃い赤などは浮いてしまいますので、肌馴染みの良いピンクやベージュ系、淡いオレンジ系のものを使いましょう。

また、ラベンダー色やパステルイエローなども似合いますので、ちょっとした遊び心としてアイシャドウに使ってみるのもオススメです。
ネイビーを着る場合は服に引っ張られて顔色が沈みがち。ヘルシーな暖色系のカラーでまとめるとバランスがよくなります。


ピンク系アイシャドウで柔らかい雰囲気に。おすすめメイクはこちら▼

【プロが教える】ピンクベージュの服に合うキュートメイク〜ポイントメイク〜

ベージュ・茶色の服に合うメイクの色とは?

ベージュ系・茶色の服は、黒コーデに比べてソフトな印象になります。抜け感のある「ラテ服」とも呼ばれ、秋冬のキーカラーともされますね。
これには同じくベージュ・ブラウン系の色味のメイクやゴールド・グリーンがよく似合います。
グリーンをメイクに取り入れるのは難しいですが、淡い色なら肌馴染みが良いので気軽に挑戦できます。

定番のブラウンアイシャドウとベージュ系の相性はとても良いので、ベージュのトレンチコートを着るときにはブラウンアイシャドウでメイクするのがオススメです。いわゆるワントーンメイクですね。
ゴールドもよく合うので試してみてください。
また、リップをぼかして柔らかく仕上げたり、目元は囲んで強くせずに、ラメで遊んだりしてメイクにも抜け感を作ると、全体のバランスが取れますよ。

ゴールド系アイシャドウで大人っぽい雰囲気に。おすすめメイクはこちら▼

【プロが教える】上品チークが大人っぽいエレガントメイク〜ポイントメイク〜

カーキ色の服に合うメイクの色とは?

暖かみのあるカーキ色の服には、同じく暖かみのある暖色系のメイクが似合います。
カーキ、深いブラウン、ゴールド、ダークオレンジなどをアイシャドウやリップで取り入れてみましょう。

ダークカラーでモダンシックな目元を演出。おすすめメイクはこちら▼

【プロが教える】カーキの服に合う垢抜け大人メイク〜ポイントメイク〜

 

まとめ 服の色に合わせたメイクでバランスを取って

着たい服、流行りの服・・・様々な服にはそれぞれのカラーがあり、その服に似合う色も様々です。
服の色によってメイクを変えることで、全体の統一感が出て、よりお洒落な印象を与えることができます。
また、したいメイクから服を選ぶのも選択肢の一つ。より魅力的にメイクを目立たせるために逆算してみてください。
ちょっとした色味の工夫でできますので、ぜひ洋服を選ぶようにその日のメイクを変えてみてくださいね。
新鮮な気持ちで1日を迎えることができると思いますよ。

 

LINEで送る
Pocket