LINEで送る
Pocket

寒くなってきて冬服を着ている方もよく見かけるようになりました。
ファッションと一緒にメイクも秋冬仕様にしましょう。
秋冬はグレーやネイビー、バーガンディーといった深みのあるカラーが大活躍します。

今回は秋冬にオススメのスモーキーモードメイクを紹介します。
スモーキーメイクはアンニュイで色気を感じるので、濃いめの色でも派手にならず大人っぽく仕上がります。
目力があり、色気を感じるスモーキーアイはアイシャドウのグラデーションで作ることができます。

メリハリのある立体感のあるベースとボルドーを下まぶたに使ったグレーのアイメイクがポイントです!

メイクを教えてくださるのはメイクアップアーティストの上戸良子さん。
モデルは2017 Miss Universe Japanで特別賞を受賞した松井結花さんに実践していただきました。

<目次>

BBクリームとコントロールカラーで肌悩みもクリアに

(1)ラベンダーピンクのコントロールカラーでくすみを飛ばす

ラベンダーピンクのコントロールカラーを頬・あご・おでこに乗せます。
顔の中心から外側に向かって、指でのばし、スポンジで馴染ませます。
ベースの色ムラをなくし、ワントーン明るくするために、顔全体に使用します。

(2)BBクリームを顔の中心から外側に向かって、指で伸ばします

BBクリームを両頬・おでこ・あごに乗せます。
顔の中心から外側に向かって指でのばし、スポンジでおさえるように馴染ませます。
余分な油分をとることができます。
鼻筋は、指に残ったクリームを薄くのばします。


2色のコンシーラーで立体感のある顔に

(1)明るいコンシーラーを乗せる

明るめのコンシーラーでハイライトを描いていきます。
おでこ・鼻筋・目の下から小鼻のまわり・頬骨・口角・あごにラインを入れます。

(2)暗いコンシーラーを乗せる

肌より2トーン程暗いコンシーラーでローライトを描いていきます。
生え際・頬骨の下・フェイスラインにラインを入れます。

ハイライト・ローライトを入れた顔全体

(3)スポンジでなじませる

化粧水等で一度湿らせたスポンジで、ハイライト部分からのばし、なじませていきます。
2色のコンシーラーの境目が分からないよう、汚れていないスポンジ部分を使ってムラなくのばしていきます
フェイスラインは、押し込むようなイメージで、顔の中心から外側に向かってのばします。

 


 

ツヤ感を足し、化粧崩れを防ぐ

(1)ホワイトパールのコントロールカラーを乗せる

Cラインとあごにのせ、スポンジで馴染ませます。
下のベースが崩れないようにとんとんと置くようにしてなじませると、程よいツヤ感がでます。

(2)フェイスパウダーを乗せる

フェイスパウダーを、ブラシで顔の中央から外にむけて全体につけます。油分の多い下地でベースづくりをしているので、しっかりとなじませ、油分を抑えて化粧崩れを防ぎます

(3)ハイライトを乗せる

目の下・Cゾーン・Tゾーン・あごに乗せます。
ベースを活かした立体感のあるシャープな印象になります。

 




スモーキーな目元に合う引き締まった眉毛を作る

角度をつけたアーチ型のシャープな眉毛に作っていきます。
眉毛もグレーを選ぶことで引き締まった印象になります

(1)アイブロウパウダーで描く

グレーのパウダーブロウを手の甲に乗せて量を調整し、眉尻から描き始めます。
眉頭は一番薄くなるように書き足します。
ブラシでぼかし、毛の流れを整えながら乗せます。

(2)ペンシルで眉尻を描き足す

眉毛の生えていない眉尻はペンシルで一本一本描き足すように細かく埋めていきます。
眉山を作り、眉尻は角度をつけて描き足します。
その後、描いた感じがしないようスクリューブラシでぼかしながら毛流れを整えます。



スモーキーな目元をつくる

グレーのシャドウをメインに使い、目元を強調します。

(1)グレーのアイシャドウをアイホール全体に乗せる

グレーのパウダーブロウをアイホール全体に乗せます。
目を開いた時に少し見える程度に、グラデーションの幅を少し狭くします。

(2)濃いグレーでグラデーションを作る

丸筆でグレーのアイシャドウを目のキワに乗せ、二重幅でグラデーションを作ります。

(3)マスカラを塗る

ツヤ感のあるマスカラを上まつ毛に付けます。
長さが足りないと感じる場合は、ロングタイプを使用してから、重ねます。

(4)アイライナーをひく

上まぶたのキワに、ブラックのアイライナーでラインをひきます。
ラインは粘膜のギリギリに引き、目尻部分はひきすぎないようにしてナチュラルに仕上げます
その後、にじみを防止するためにキワにひいたラインを、ブラシでぼかします。

*ワンポイントアドバイス*
アイラインを失敗した場合は綿棒を使うと修正しやすい!



 

ボルドーでモダンに仕上げる

(1)下まぶたにボルドーのシャドウを乗せる

ボルドーのアイシャドウを下まぶたの黒目の下まで乗せます。
目尻が一番太くなるように乗せ、黒目の下にいくにつれて細くなるように乗せます。

(2)目頭にに明るいブラウンシャドウを乗せる

パール感のある明るいブラウンのアイシャドウを、目頭にくの字に入れます。
明るい印象に仕上がります。


 

リップとチークでシックに仕上げる

(1)唇の色味を消す

ファンデーションをスポンジにとり唇に薄く乗せ、唇の色味を消します。
唇の色を消すことで、後のリップライナーで仕上げるリップメイクの輪郭が際立ち、マットリップ調に仕上がります。

(2)ブラウンのリップライナーで唇のラインを描く

ブラウンのリップライナーで、オーバーリップ気味にラインを描きます。

(3)ラインの内側を塗る

(2)と同じリップライナーでラインの内側を塗っていきます。
リップライナーだけで塗ることでマットな唇に仕上がります。

(4)ブラウンのチークを乗せる

ブラウンのチークカラーを筆にとり、頬骨の下からこめかみの方へ引き上げるようにシャープに乗せます。
ブラシに残ったパウダーアイホールからノーズラインにかけて乗せ、自然な陰影に仕上げます。
生え際、フェイスラインも乗せます。
ベースでローライトを入れた部分に再度ブラウンを入れることで、立体感が際立ちます。

 



 


『【プロが教える】モダンで大人っぽいスモーキーメイク〜フルメイク〜』いかがでしたか?
引き締まったベースとスモーキーな目元がモードで大人っぽいですね。

是非試してみてください。

イエベ肌とブルベ肌に似合う色

イエローベース肌の方は暖色系のカラーを使うと肌をきれいに見せることができます。
ブラウンやオレンジのスモーキーカラーは初心者の方でも挑戦しやすいのでおすすめです。
またカーキなどのアースカラーも相性が良く、秋冬にもぴったりなカラーです。

ブルーベース肌の方は青みがかったカラーが良く合います。
パープルやブルーグレーのスモーキーカラーを使用することでクールな印象の目元に仕上がります。
またグレイッシュなブラウンなども寒色系初心者の方も使いやすいカラーです。

まとめ スモーキーメイクを楽しむ

プロが教えるスモーキーメイクについてご紹介いたしました。
ダークな色使いで挑戦しづらいイメージのあるスモーキーメイクですが、
グレーだけでなくブラウンやボルドーをプラスして使用すれば、どんな方でも楽しむことができます。
ぜひ、自分に合ったカラーでお試しください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜 cast 〜〜〜〜〜〜〜〜〜

モデル 松井結花 @yuika00802
https://www.instagram.com/yuika00802/

メイクアップアーティスト 上戸良子 @r.kamito
https://www.instagram.com/r.kamito/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

色々なメイク方法を動画で配信中!
【MC collection 公式YouTube】
https://www.youtube.com/channel/UC9cjkaB39EIpFJV07Ar2uvQ

LINEで送る
Pocket