LINEで送る
Pocket

50代の多くの女性がメイク悩みで上げるポイントの1つに目元があります。
目元がくぼんできた、まぶたが下がってアイシャドウが塗りにくい、アイシャドウをつける時に目元のシワが気になるなど、加齢とともに目元の変化が生じ、アイシャドウやアイライナーが塗りにくいと感じる方が増えてきます。

50代の女性にとってアイメイクはこれまでの華やかさやかわいさを演出するためではなく、若さを引き出すためのものへとチェンジしていくことになります。
目元は年齢が出やすい場所です。
アイメイクを変えるだけでずいぶんと印象が変わり、若々しく感じることでしょう。

パール感でくすみを消す

目の下のクマやまぶたのくすみは、それだけで年齢よりも老けて感じてしまいます。

まずまぶたはコンシーラーやアイシャドウベースで丁寧に下地を整えます
アイメイク前に必ずこのように明るくしておくことは若々しく見せるメイクのポイントです。

そしてアイシャドウでくすみを目立たせないこともとても大事です。
くすみを目立たせないためにパール感のあるアイシャドウを使いましょう。
色白の方はピンク系、黄味肌の方はイエロー系もオススメです。

 

50代に馴染みのいいカラーを選ぶ

50代に似合う色は若すぎず、暗すぎずをテーマに選びましょう。馴染みやすいブラウンやゴールド、明るいブルーやパープル、くすみピンクがオススメです。ブルーやパープルは明るい色を選ぶことで明るくみせ、ピンクではなくくすみピンクを選ぶことで、可愛すぎず上品な可愛さを演出できます。
また、パール感や、派手すぎない、少しラメが入ったものだと目元を明るくしてくれるのでオススメです。

しっとり系微粒子パウダータイプがおすすめ

アイシャドウにもパウダータイプ、リキッドタイプやクリームタイプ、ジェルタイプ等、様々な種類があります。乾燥しがちな50代の目元には乾いた質感のアイシャドウでは乾燥が目立ってしまいます。また、乾燥を目立たせなさそうなリキッドタイプやクリームタイプ、ジェルタイプのアイシャドウはヨレやすいです。
そこで、保湿感があり、しっとりと肌に吸い付くような微粒子の、しっとり系微粒子パウダータイプがオススメです。

ブラウン1色のグラデーションでシンプルに仕上げる

残念ながら50代の方のまぶたにはすでにくすみが生じているもの。
グラデーションに多くの色を使ってしまうと、どうしてもくすみが強調されてしまいがち。

そこでオススメなのがブラウン1色のみで仕上げるグラデーションのアイメイク

ダークブラウンのアイシャドウをまつ毛のキワに細く引き、しっかりと馴染ませ少しずつ伸ばしていきます。
チップに残ったダークブラウンのアイシャドウを下まぶたの目尻に引きます。
この時のポイントは目尻のキワ1/3くらいに抑えておくこと。

次に加齢とともに目尻が下がりがちなところをカバーするため、黒のアイライナーペンシルを使ってまつ毛のキワを埋めるように描きます。
その後、先ほど引いたアイライナーの上に、再びダークブラウンのアイシャドウを重ねてみてください。
しっかりとした印象的な目元に変身です。
この一色使いで一日中くすみ知らずの目元で過ごせますよ。

上品・明るい・ぼやけない

50代のアイシャドウのポイントは「上品・明るい・ぼやけない」。
どうしても目元の変化が気になって、色々とアイシャドウを乗せたくなってしまいますが、あえてシンプルに上品に仕上げましょう。

 

まとめ シンプル上品な仕上がりで若々しい目元に

目のキワはしっかりと黒のアイライナーで引き締め、ぼやけないようにすることがポイントです。
若い頃に選んでいたグラデーションの色の数々から卒業し、シンプル上品な仕上がりが若々しい目元を演出してくれますよ。

MCコレクション アイカラーパレット

メイコー史上最高のしっとりアイシャドウ 全4色

MCコレクション アイカラーパレット

MCコレクション アイカラー(アイシャドウ)

しっとりとした感触でまぶたに密着してきれいに発色 全5色

MCコレクション アイカラー(アイシャドウ)

MCコレクション クリーミーアイライナー

にじみにくく汗・涙に強いウォータープルーフタイプ 全2色

MCコレクション クリーミーアイライナー

LINEで送る
Pocket