LINEで送る
Pocket


40代になって急に肌のハリが失われたと感じている女性は少なくないのではないでしょうか。毛穴が目立つようになったり、くすみが気になりだしたという方も多いかもしれません。
そのような場合は、意識してエイジングケアに取り組むだけで、みずみずしい肌を取り戻せるかもしれません。以下では、おすすめの方法を紹介していきます。

エイジングケアはいつから始めるべきなのか 40代からは早い?遅い?


エイジングケアが大事と分かっていても、いつから始めればよいのか分からないという方は意外と多いようです。
実はエイジングケアについては、何歳から始めなければならないという明確な基準はありません。肌が気になりだした時点で始めればよいのです。
40代だからといって遅すぎるわけではありませんので、安心してください。
肌のコンディションが悪くなるのは、ハリを出すためのコラーゲンが減少したり、肌を構成する細胞の新陳代謝の周期が長くなったりするためです。小じわやシミなどが肌のコンディション悪化のサインとなりますので、もしそういったトラブルが気になりだしたら、すぐにエイジングケアに取り組むようにしましょう。

 

40代のエイジングケアってどうすればいいの


では、具体的にエイジングケアはどのように行えばよいのでしょうか。
巷では様々な方法が紹介されていますが、もっとも簡単なのは、普段使っている基礎化粧品や美容液をアンチエイジングの効果が期待できるものに変えるということです。
つまりエイジングケアに硬貨的な美容成分が含まれているかどうかに着目して、スキンケアアイテムを見直していきましょう。

美容成分1:コエンザイムQ10

コエンザイムQ10とは別名ビタミンQとも呼ばれており、体内でエネルギーを作り出す重要な役割を担っています。
また、エネルギーを作り出す際には活性酸素という体のサビのような要素も排出されます。
この活性酸素を除去する働きも期待されていますが、残念なことにコエンザイムQ10は20代をピークとして、40代以降は急激に減少してしまう傾向にあります。
老化による不足をスキンケアで補い、エネルギーをどんどん作り出していくことで若々しく元気な肌をキープすることを目指せます。

美容成分2:コラーゲン

美容成分としてよく耳にするコラーゲンですが、実はタンパク質の一種。
しかも身体を構成するタンパク質の30%を占めており、肌においては70%にもなるとても大事な成分です。
繊維状をしており、お肌にハリと弾力を与えみずみずしく保つ働きをします。
加齢によるたるみはコラーゲン不足が原因とも言われていますので、こちらもしっかり補充したい成分ですね。

美容成分3:ホワイトニング成分

昔は気にならなかった肌のくすみやシミが、40代から目立つようになった…という方はホワイトニング成分にも注目です。
美白といえばビタミンCを思い浮かべる人が多いでしょう。ですがビタミンCはそのままだと壊れやすく、お肌に浸透しにくい性質があります。
そこで近年注目されているのがビタミンC誘導体です。持続型のビタミンCで壊れにくく、お肌へ浸透しやすいため美白効果も期待できます。
さらにニキビ跡や日焼け跡などの赤みが気になる場合は、消炎作用のあるグリチルリチン酸2Kが含まれているものを選ぶとよいでしょう。

 
上記のような、コラーゲン成分がたっぷり含まれている基礎化粧品やホワイトニング成分が入った美容液などを選ぶのがおすすめとなります。
また、40代になると将来に備えて貯蓄もしていかなければならないため、高額の基礎化粧品や美容液よりも、3,000円以下で手に入るプチプラのものを選ぶようにするとよいでしょう。値段がリーズナブルであっても、しっかりと効果が期待できる商品はいくつもあるのです。

 

メイコー化粧品がおすすめする40代向け エイジングケアアイテムはこちら

アンチエイジング効果が期待できる化粧水は、バイタルエナジー モイストローションがおすすめ。
こちらはコエンザイムQ10(ユビキノン)配合エイジングケア化粧水です。
しかもこのモイストローションに配合されているコエンザイムQ10は、なんと10億分の1の大きさ。角層のすみずみまでいきわたり、お肌にスーッと浸透します。
お肌にハリとうるおいを与え、なめらかにするヒアルロン酸も配合されており、加齢を感じさせる要因になるシワ・たるみ対策にぴったり。

さらに、エイジングケア美容液として、バイタルエナジー デイリペアとのセット使いもおすすめです。
微粒子化したマイクロコラーゲン(パルミトイルペンタペプチド-4)がお肌に浸透しやすく、うるおいを届けてくれます。
加齢サインの出やすい目元、口元へ重点的に塗って予防するのもいいですし、顔全体に塗ってお顔のハリやトーンアップを目指すのもいいでしょう。
保湿にとことんこだわった美容液で、リッチなエイジングケアが期待できます。

ホワイトニング成分を取り入れたいなら、バイタルエナジー ホワイトニングエッセンスCプラスがおすすめです。
こちらは薬用美白※美容液で、とろみのある一滴一滴が、気になるところの角層にじっくりと浸透し、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防いでくれます。
有効成分として長年実績のある持続型のビタミンC・2-グルコシドと、グリチルリチン酸2Kを配合。透明感のある肌へ整えます。
気になるくすみ部分やシミ部分、目元などに部分使いするだけでもアンチエイジング効果が期待できます。

※美白とは「メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ」ことです。

 

まとめ 40代のエイジングケアは基礎化粧品や美容液を変えるところから

以上で見てきたように、肌の悩みを解決するためには、エイジングケアを行うことが大切になります。
基礎化粧品や美容液をエイジングケアの効果が期待できるものに変えてみるというのは、誰でも簡単にできるはずですので、40代になって肌のコンディションが気になりだしたという方は、さっそくお店に行ってそういった商品を購入してみてはいかがでしょうか。

LINEで送る
Pocket