LINEで送る
Pocket


若い頃は肌に自信があったのに、40代になったとたんに様々な肌トラブルに悩まされたり、しわが目立ったりするようになってきた・・・という方は少なくないのではないでしょうか。
そういった方は、化粧水を変えるだけで瑞々しい肌を取り戻せるかもしれません。
そこで、この記事では40代の方が選ぶべき化粧水のポイントについて説明します。

40代になったら、自分の肌に合った化粧水を選ぼう


化粧水を選ぶうえでまず大事なのは、自分の肌に合ったものを選ぶということです。
40代になって肌の悩みが増えたと感じている方の中には、自分に合わない化粧品を使っている方が少なくありません。
そのまま使用し続けていると、かえって肌にダメージが蓄積してしまうおそれがあるので、注意しましょう。

 

具体的にどういった40代向け化粧水を選べば良いのか

ここでは、代表的な3種類の化粧水のタイプを紹介します。これらの中から自分に合うものを選ぶと良いでしょう。

エイジング化粧水


肌のシワやシミ、くすみ、たるみ、肌やせなどのトラブルに悩まされている方は、エイジング化粧水を選ぶのがおすすめです。
先進的な技術を用いて作られている高機能な商品が数多く販売されているので、いくつか試してみると良いでしょう。

 

美白(*)化粧水


シミや色ムラ、糖化、色素沈着といった問題を抱えている方は美白化粧水を選ぶとよいでしょう。
肌が黒ずんだりくすんできたりした場合には、美白効果のある化粧水を使うことで澄んだ肌へ整えることができます。
プチプラな商品も多いので、それほどお金を掛けずに肌を改善できます。

※美白とは「メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ」ことです。

高保湿化粧水


肌の乾燥に悩んでいる場合には高保湿化粧水がぴったりです。
なお、高保湿化粧水は様々な肌に合うように作られているので、どれを選べば良いか分からない場合も、まずはこのタイプの化粧水を選んでおけば良いでしょう。

 

メイコー化粧品がおすすめする40代向け 化粧水はこちら

肌のシワ、たるみにお悩みの方へは、バイタルエナジー モイストローションがおすすめ。
こちらはコエンザイムQ10(ユビキノン)配合エイジングケア化粧水です。
コエンザイムQ10とは別名ビタミンQとも呼ばれており、体内でエネルギーを作り出す重要な役割を担っています。
しかもこのモイストローションに配合されているコエンザイムQ10は、なんと10億分の1の大きさ。角層のすみずみまでいきわたり、お肌にスーッと浸透します。
お肌にハリとうるおいを与え、なめらかにするヒアルロン酸も配合されており、まさにシワ・たるみ対策にぴったり。

 

 

シミやお肌の黒ずみにお悩みの方へは、バイタルエナジーホワイトニングローションCプラスがおすすめ。
「高保湿」「美白ケア」を兼ね備えた薬用美白化粧水です。
ビタミンC誘導体 (ビタミンC・2-グルコシド)とビタミンE誘導体 (酢酸トコフェロール)、2つの美白有効成分により、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぎます。
シミや黒ずみは日常的な予防が大切。お悩みが大きくなってしまう前に、こちらの化粧水でケアをしましょう。

 

乾燥肌にお悩みの方へは、セルザードUSモイスチュアアップエッセンス E-1がおすすめ。
まるで美容液のような感触の、高保湿薬用化粧液です。
お肌が乾燥するとゴワゴワとしてしまいますよね。そんな乾燥肌に、みずみずしさを保つ酵母抽出エキスが働きかけお肌をなめらかに整えます。
さらにはうるおいをとどけ、水分を保持する役割を持つヒアルロン酸も配合。
気になる目元・口元にはたっぷりと使うことで、うるおいに満ちた肌へ導いてくれます。

 

まとめ 40代向けの化粧水で肌トラブルを改善しよう

肌の悩みが増える40代にとって化粧水選びは重要です。
けれども、化粧水には様々なタイプの商品があるためどれを選べばよいか迷ってしまう方も少なくないでしょう。そのような場合には、自分の肌の状態や抱えている悩みに合ったものを選ぶことが大切です。
適切な化粧水を使用することで、悩まされていたお肌を健やかに導くことができますよ。

LINEで送る
Pocket