LINEで送る
Pocket


冬から春ごろにかけて、体調管理のためにマスクをつけてお仕事やお買い物に行かれる方が多いのではないでしょうか。また、花粉の季節には花粉症の方もマスクをつけてお出かけになるかと思います。
そこで今回はマスクをつけるときのメイク、いわゆるマスクメイクの時におすすめな、マスクにつかないファンデーションの付け方をご紹介します。
マスクを外した時にベースメイクがマスクについてしまう・・・そんなメイク崩れにお悩みの方は必見です。

下地は密着感重視で

ベースメイクを始める前に、スキンケアを済ませておきましょう。

(1)下地は保湿タイプ

今回はMCコレクション コントロールUV ラベンダーピンクを使いました。
適量手に取り、目の下、さらにその下、額、鼻筋、鼻の下、顎にのせていきます。パフで優しく内側から外側に向かって顔全体に伸ばしていきます。
ラベンダーピンクを使うことで、肌のくすみを飛ばし、明るい肌に仕上がります。


(2)タッピングでムラなく密着

顔全体に伸ばし終わったら、ポンポンポンと優しくタッピングしていきます。そうすることで、ムラなく均等に下地を密着させることができます。

(3)ハンドプレスでさらに密着度アップ

仕上げに手の平全体で顔を覆い、優しくおさえます。そうすることで、より密着度が高まります。

 



リキッドファンデーションとコンシーラーで丁寧な肌作りを

(1)リキッドファンデーションでしっとりきれいな肌に

今回はMCコレクション リキッドファンデーション LF62 ナチュラルベージュを使いました。
パール大を手に取り、目の下、さらにその下、額、鼻筋、鼻の下、顎にのせていきます。

(2)残ったファンデーションでなじませる

手に残ったファンデーションをパフになじませ、目の下から順に外側に向かって顔全体に伸ばしていきます。


(3)タッピングで仕上げる

下地と同様にポンポンポンと優しくタッピングしていきます。ムラなく均等に密着させます。

(4)コンシーラーは使い分けを

今回はMCコレクション カバーフェイスを使いました。クマには明るい色を乗せてブラシで薄く伸ばし、ニキビやシミは暗い色をブラシで乗せます。
クマ部分はCF130 ピンク、ニキビの部分はCF151 オークル を使いました。


(5)ファンデーションのパフでなじませる

ファンデーションを塗る際に使ったパフでコンシーラーをなじませます。ニキビやシミはコンシーラーを塗った周りをなじませます。





 


 

チークはふんわりと

チークは頬の高いところにふんわりとつけます。
今回はメイコーカラーズパウダーチーク C630を使いました。



 

収れん効果があるローションでマスクにつきにくく

収れん効果のあるローションを仕上げに塗ります。それによりベースメイクがマスクについてしまうことを防ぎます。
今回はセルザードUS コンディショニングローションを使いました。
パフが浸るくらい多めにとり、お顔全体に水気を感じるくらいたっぷりとつけていきます。また、スプレー用の容器に詰め替えて使う方法もあります。
つけ終わったら、少し乾かします。




ルースパウダーで仕上げる

ルースパウダーを使用することでさらっとした質感に仕上げ、マスクにつきにくくします。
今回はMCコレクション ルースパウダー LP37 ピンク(パール入)を使いました。
適量ブラシにとり、目の下からトントンと顔全体につけていきます。最後にブラシで余分なルースパウダーを落とします。
ピンクを使うことで、肌がふんわりと明るく見えます。




 

完成


以上でマスクにつかないベースメイクの完成です。着用後、マスクを外してもファンデーションがマスクについていませんね。

FAQ よくある質問

パウダーだけで過ごすのはOK?

Q-1.マスクで隠れるなら、ファンデーションを塗らずにパウダーだけで過ごしてもいいでしょうか?
その場合、ファンデーションなしでチーク、アイブロウなどは乗せても大丈夫ですか。

A-1.ファンデーションの前に日焼け止め効果のある下地をつけてください。そのうえで、ファンデーションを塗らずにパウダーだけで過ごしても良いかと思います。
その場合は、チークをパウダーの前につけてください。そうするとマスクに色がつきにくくなります。
また、その際はチークを濃いめにしてください。

 

お直しの方法は?

Q-2.汗かきなので、夏場は特に汗をかきます。汗をかいた後のお直し方法はありますか?

A-2.お直しの際は、今回使用したセルザードU Sコンディショニングローションをスプレーボトルに移し替えたものをコットンにとり、内側から外側に滑らす様につけます。
そうすることで、お顔の皮脂や表面上の化粧が崩れた部分がきれいにふき取れます。クレンジングではありませんのでご安心ください。
表面上の汚れを落としてから、上から押さえるようにルースパウダーをつけましょう。
ルースパウダーではなくリキッドファンデーションをつけたい方は、ファンデーションをつけた後にスプレーボトルから直接セルザードU Sコンディショニングローションを顔に吹きつけ、2,3分放置して下さい。
さらにその後パウダーをつけると密着度が上がります。

 

マスクで肌荒れした時は?

Q-3.マスクが擦れて肌荒れしてしまいました。その上からメイクをしてもいいですか?しっかり治るまでメイクはやめておいた方がいいでしょうか。

A-3.あまりにひどい肌荒れの場合は皮膚科を受診されることをお勧めいたします。
軽い肌荒れの場合は、医薬部外品の化粧品、特に抗炎症作用があり、肌に優しいグリチルリチン酸2K(ジカリウム)が配合されたクリームなどでナイトケアすることをお勧めいたします。
朝のお肌の状態を見て判断してください。ひどく荒れている場合は皮膚科を受診しましょう。
お肌が落ち着いていれば、日焼け止め、下地を使い、薄くメイクをしましょう。
すっぴんでマスクをつけると擦れが強くなりさらに荒れてしまうため、メイクをしてからのマスク着用をお勧めいたします。

 

マスク焼け対策は?

Q-4.マスクをする日の日焼け対策はどうしたらいいですか?

A-4.実はマスクをしている部分も日焼けします。そのため、マスクをする日でもしっかりと日焼け止めを使用しましょう。
日焼け止めは外に出る15分前には塗るようにしましょう。メイクの前に塗るのがおすすめです。また、日焼け止め効果のある下地などを用いることでより効果を得ることができます。
また、暑い時期やマスクをしていると汗などで蒸れ、日焼け止めが落ちてしまいやすくなります。日焼け止めが落ちてしまうと日焼けの度合いに差ができ、いわゆるマスク焼けをしてしまうので、それを防ぐためにも2、3時間ごとに塗りなおしましょう。

日焼け止めの選び方ですが、少しスーパーやコンビニに出かける際や1時間程度のお出かけならSPF10から20。外で軽く活動する場合はSPF20から30。キャンプなどの山や海でのアウトドア、日差しが強く紫外線の量も多いかなという日や、絶対日焼けしたくない!という方はSPF30から50がおすすめです。

また、これから暑さが和らいでくると日焼け止めを忘れてしまいがちですが、お出かけの際はマスク焼けの防止だけでなく、シミ予防や美白のために日焼け止めを必ず使うことをおすすめします。



 

まとめ 各ステップでしっかり密着するのがポイント

マスクにつかないマスクメイク方法」いかがでしたか?
下地、ファンデーションはタッピングでしっかりと密着させるのがポイント。さらに収れん化粧水で毛穴をひきしめ、パウダーでさらっとした質感に仕上げるとよりマスクにつきにくくなるというメイク方法でした。
お食事の際等にマスクを外した時にメイク崩れが起きず、恥ずかしくないのは嬉しいですよね。ぜひ試してみてください。

 

 

 

マスクメイク第2弾 リップ編はこちらから

感動!マスクにつかないマスクメイク方法(リップ編)

LINEで送る
Pocket