LINEで送る
Pocket

マスクをつけてのお出かけや出勤が増える際に意外と困るのがリップ。
ご飯を食べるときにマスクを外したらリップがついていないのは恥ずかしい、でもマスクにリップがつくのも恥ずかしいとお悩みの方は多いのではないでしょうか。
今回は、落ちにくいリップと落ちにくくするリップのつけ方をご紹介いたします。これさえ覚えておけば、マスクをしていない日でもお食事の際に食器にリップがつく心配も減るので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

落ちにくいリップ マジカルリップ

今回は、メイコー化粧品のナチュラクター マジカルリップを使用しました。
このリップは唇につけると水分量で色が変わる不思議なリップです。落ちにくいことで有名で、リップを落としたくないという方におすすめです。
色は全6色あり、今回は1番のオレンジを使用しました。

ホホバオイルをベースに作られているので、唇にも優しいのが特徴です。
1983年の発売以来、40年近くに渡ってロングセラーを続けていることに納得できる品質、落ちにくさです。「お化粧直しがいらないくらい」と人気のこのリップを使って、付け方を解説していきます。

▼マジカルリップの色別解説はこちら

唇に塗ると変色する!?プチプラティントリップ♪

リップブラシで丁寧にリップを塗る

リップを塗る前にまずは薬用リップを塗り、唇を保護しましょう。

(1)リップブラシで唇の輪郭をとる

リップブラシの両面にたっぷりとリップをとり、唇の輪郭をとります。
リップブラシは寝かせるように使い、まず下唇のラインを引きます。外側から内側に向かって塗っていき、外側のラインが引けたら内側を塗ります。


 

今度は手首のスナップをきかせて、唇の端から中央に向かって上唇の外側のラインを引きます。下唇同様、外側のラインが引けたら内側を塗ります。右半分、もしくは左半分だけ先に塗ってしまい、終わったらもう片方の外側のライン、内側のラインと順に引きます。




 

下唇の外側→下唇の内側

→上唇の外側(左半分) →上唇の内側(左半分)

→上唇の外側(右半分) →上唇の内側(右半分)

という流れですね。基本は外側から内側に塗っていくこと。
こうすることではみ出しのない綺麗なリップに仕上がります。

 

(2)色が薄い場合は重ねて塗る

色が薄い場合は、少しずつ重ねていきましょう。
好みの濃さは個人差がありますので、好きな色の濃さに合わせて調整しましょう。

 

(3)上下の唇を合わせ、リップをなじませる

上下の唇を合わせ、リップを唇になじませます。なじませることでリップを落ちにくくします。この際にリップが唇のラインから飛び出た場合は綿棒などで調整してください。

 

(4)2、3回ティッシュオフする

リップを落ちにくくするため、ティッシュペーパーを使って余分なリップを落とします。

ティッシュオフの方法として、ティッシュペーパーを1〜2回折り畳み唇に乗せ、その上から親指で唇の端から端をなぞるように押さえます。指を上下に動かしたり、ぽんぽんとティッシュを付け外しすると、かえって綺麗にぬったリップがはみ出してしまう可能性があるので注意しましょう。

1回目のティッシュオフの後に再度リップをつけ、2回目のティッシュオフをするのもおすすめです。そうすると、より綺麗にリップの色が出ます
控え目な色に抑えたい方は、再度リップをつけずに2回目のティッシュオフをしてください。


 

きちんとティッシュオフができると、カップにつかないくらいリップが密着します。


 

まとめ 落ちにくいリップでマスクを外してもきれいに

落ちにくいリップアイテムを、落ちにくくするつけ方でつければ、もうマスクの日のお昼ご飯や、マスクをしていない日のお食事の際に恥ずかしい思いをする心配はありませんね。
カップへの色移りを気にせず、気軽にティータイムも楽しめます。

今回ご紹介したマジカルリップはメイコー化粧品店頭だけでなく、メイコー化粧品の通販サイトでもご購入いただけますので、落ちにくいリップをお探しの方はぜひお試しください。

[使用商品]

 

 

 

マスクメイク第1弾 ベースメイク編はこちらから

感動!マスクにつかないマスクメイク方法(ベースメイク編)

LINEで送る
Pocket