LINEで送る
Pocket


年を重ねるにつれ、今までと同じスキンケアでは物足りないと感じるようになった方も多いのではないでしょうか?
40代ともなると、お肌の乾燥やシワ、ハリのなさ、シワなどの悩みも増えてきます。これらの悩みを抱えている方は、乳液を変えることで潤いに満ちたお肌を取り戻せるかもしれません。
この記事では、40代の方のお肌の悩み別に、乳液の選び方のポイントをご説明します。

自身の肌に合わせた乳液を選ぼう


どの年代の方にも言えることですが、乳液選びはご自身の肌に合うものを選ぶことが大切です。40代の方は、20代、30代の時と比べて悩みが深刻になってきていることもあるでしょう。
お肌に合わない乳液を使い続けることで、美肌への道が遠ざかってしまうかもしれません。

 

具体的にどのような乳液を選べば良いのか


お肌の悩みは人それぞれ異なりますが、ここでは40代の方に多く見られる、3種類のお悩み別におすすめの乳液タイプをご紹介します。
なお、化粧水も同じラインで揃えることをおすすめします。

高保湿乳液

乾燥してゴワつく、お化粧のノリがいまいち、と感じるお肌の方におすすめなのが高保湿乳液です。
特に、酵母エキスやダイズ発酵エキス等の発酵成分が含まれた乳液は、うるおいが長時間持続します。これらの成分が含まれた乳液を選ぶと良いでしょう。

エイジングケア乳液

弾力が不足していてハリがない、と感じるお肌の方におすすめなのがエイジングケア乳液です。
皮膚の細胞を活性化する働きのある、コエンザイムQ10の含まれた乳液を選ぶと良いでしょう。

美白乳液

シミやそばかすが気になるという方におすすめなのが、活性酸素の発生やメラニン色素の生成を抑制する効果のあるビタミンC誘導体の含まれる美白乳液です。
ビタミンC誘導体はシミやそばかすを防ぐだけでなく、お肌の新陳代謝を高めて、今あるシミやそばかすの改善効果も期待されます。

 

メイコー化粧品がおすすめする40代向け 乳液はこちら

高保湿乳液をお探しの方には、セルザードUS モイスチュアアップエマルジョンE→2がおすすめです。
こちらは保湿成分に酵母エキス、ソウハクヒエキス、ダイズ発酵エキス(納豆エキス)を配合。
乾燥してゴワつく肌にもみずみずしく広がる薬用乳液状美容液です。
リッチな乳液感覚で、お顔全体になじませて使い、美容液代わりにもなります。

エイジングケアが期待できる乳液は、バイタルエナジー モイストミルクがおすすめ。
こちらはコエンザイムQ10(ユビキノン)配合エイジングケア乳液です。
コエンザイムQ10とは別名ビタミンQとも呼ばれており、体内でエネルギーを作り出す重要な役割を担っています。
しかもこのモイストミルクに配合されているコエンザイムQ10は、なんと10億分の1の大きさ。角層のすみずみまでいきわたり、お肌にスーッと浸透します。
お肌にハリとうるおいを与え、なめらかにするヒアルロン酸も配合されており、加齢を感じさせる要因になるシワ・たるみ対策にぴったり。

美白乳液なら、バイタルエナジーホワイトニングミルクCプラスがおすすめ。
「高保湿」「美白ケア」を兼ね備えた薬用美白乳液です。
ビタミンC誘導体 (ビタミンC・2-グルコシド)とビタミンE誘導体 (酢酸トコフェロール)、2つの美白有効成分により、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぎます。
シミや黒ずみは日常的な予防が大切。お悩みが大きくなってしまう前に、こちらの乳液でケアをしましょう。

 

まとめ 乳液を変えてお肌の悩みを解消しよう

いつも使っている化粧水や乳液等のスキンケアでは物足りない、と感じる方は、思い切って新しいものへ変えてみてはいかがでしょうか。
40代の方に多い、乾燥感、ハリのなさ、シミやそばかすといったお肌の悩みが解消されるかもしれません。
ご自身の肌の悩みに合わせ、有効な成分の含まれた化粧水や乳液を選び、潤いに満ちたお肌を取り戻しましょう。

LINEで送る
Pocket